「あなたは警官だ」って輩に言われたことが一回だけあるのです。

「あなたは警察です?」ということが一回だけあります。その日、自身はみずから深夜釣りに出かけたのです。釣りはいつでもわくわくします。それでもその日は当たりばっかりありませんでした。ヒマですな、すでに帰ろうかなと思ったチャンスでした。自身がいた周辺は突堤でした。かねてから起こるみなとで突堤も石が組み合わされたキャリアを感じさせる周辺でした。なのでみずから釣っていたのです。帰ろうかなと思ったチャンス、どうも人の気配を感じたのです。面白い灯も乏しい突堤ですから、かろうじて人影を感じることができました。その相手方がじっくり近づいて来ました。私の足もとの光が恋人を照らしました。旦那の様子が思え始めました。依然若い感覚がしました。二未成年後から三未成年基本といった感じの旦那でした。恋人は私のすぐそばまで来て自身に声をかけてきました。「おたく、警察の第三者です?」と。自身はたちまち答えました。「いや、勤め人ですよって、自身はそれでサウンドは終わると思ったのです。そうすると恋人が口を変わりました。「おたく、警察の第三者です?」といった。また自身は言いました。「いや、勤め人だ」。これが何たび繰り返されたことでしょう。こういう男性は竿も持っていませんでした。ただ突堤に来たという感覚でした。リカーのにおいもしませんでしたし、他のにおいもしませんでした。言えることは、こういう男性が何をしにその突堤に来たのか、何に気分があったのか、それはまるっきり思い付かということです。もっと付き合わないといけないのかなと思っていたら、恋人は黙って去って行きました。自身にとっては物珍しいキャリアでした。目の下のクマ専用のクリームを紹介