アニマルの心配りも有用だけど、説教職業だってビッグイベントですよっ!

私の道楽は、ペット店舗周りだ。 数日前方、某ペット店舗でスタッフが肩に小さめインコを乗せた通りケージの手入れを通じていました。 不思議に思ったぼくは 「なんで肩にインコを乗せているのですか?」ってスタッフに聞いてみると、 すると、なぜか困惑した顔付きで 「なんでって聞かれても…」 という返されました。 え?長所無く肩に乗せてるの?こういうインコ慣れてます見どころ? よくわからないけど、触らせてくれないかなぁ。 と思い、「まだまだインコに触れてもいいですか?」って、お願いすると、 「こういう鳥は物じゃないんで」といった、なんだかキツく言い放たれました。 ん?ぼく、オモシロ事を言った? 誠にうたい文句を返せばいいのかわからずポカンとしてたら、まだまだイライラした見た目のスタッフは遠去かって行きました。 ぼくが何か失礼な事を言ってしまったのかもって窪みましたが、それほど考えると、 店員が会場に関するうたい文句や対応ではないように思えました。 もここでそういった進め方は、意地の悪いクレーマーのようで、やはりぼくがなにか間違いがあったのだと思っていました。 そうして近頃、近所のホームセンターにおけるペット店舗に行った内、肩にインコを乗せて仕事をしているスタッフを発見しました。 肩に乗せてる! といったもっとお尋ねに憧れ、 また怒られる(?)かも…と思いながら、恐々尋ねてみました。 するとスタッフは、 「方に慣れさしてるんです。カゴに入れたままだと方をビビるようになりますから」 って答えてくれました。 そうなんだ! というお尋ねが解けたついでに、”触らやる”という、また図々しくお願いすると、 「方に慣れ示す勉学を始めたばっかりだから、まったく駄目よ。知らない方だと驚いて飛んでっちゃったり危ういから。」 という説明してくれました。 これで考え物はとけた! と共に、近頃のスタッフに内心で説教。 これが普通のスタッフの物腰ですよっ! 生き物の応援講じるだけが、ペット店舗店員の本職じゃない。観点だってビッグイベント。会場のヒヤリングには断固答えなさい。 それほど思ったぼくは、どうしてもクレーマーですかね?クレナフィンの効果